コウエン

【泉登壇】10/31(土) 森の中でシンポジウム 「ポストコロナ時代」のまちづくりを探る

2020年10月21日


NPO法人おいなーれ柏原が主催するシンポジウム『「ポストコロナ時代」のまちづくりを探る』に泉が登壇します。
泉は武田重昭氏(大阪府立大学 生命環境科学研究科 准教授)、山下裕子氏(ヒト・ネットワーククリエーター、全国まちなか広場研究会理事)、三浦 誠氏(かしわら森の会・会長)とともに、パネリストとして登壇予定です。

詳細

いま、新型コロナウィルス感染症禍のもと、まちづくりにとりくむ自主的な各種団体では「コロナ禍で中止したイベントや活動をどう再開していくのか?」、また「今後のまちづくりの方向性はどうあるべきか?」などの困惑が広がっています。
今後どのようにまちづくりにとりくんでいくか、“新しいまちのデザイン”創造的な方向を探って、いっしょに前へ進んでいきたいと考えています。
各地でご活躍のパネリストの方々の知見を合わせ、意見交換ができる場を設定します。
新型コロナウイルス感染症対策を考慮して、会場はかしわら森の会が「里山の森づくり」をされている、玉手山の森の中の広場をお借りして開催するという、「ウイズコロナ」対応の新しいシンポジウム形式にもチャレンジします。

【概要】
日時:2020年10月31日(土)
13:00~ 柏原市立玉手山公園梅林入口で受付開始
13:30~16:00 シンポジウム
会場:かしわら森の会・玉手山「いぶらの森」
   柏原市立玉手山公園の「南ゲート駐車場」近くの梅林入口から入ります。梅林入口で受け付け後、会場までご案内します。
定員:コロナ対策で過密を避けるため、定員は30名とします。必ず参加申し込みお願いします。
参加費:500円 (資料代、イベント保険代)

パネリスト
泉  英明氏  ハートビートプラン(Heart Beat Plan) 代表
武田 重昭氏  大阪府立大学 生命環境科学研究科 准教授
山下 裕子氏  ヒト・ネットワーククリエーター、全国まちなか広場研究会理事
三浦  誠 氏  かしわら森の会・会長

申込
下記メールアドレスへ、氏名、住所、所属団体、連絡先を記入して申し込み。
Email:gorenraku@oinare-kashiwara.org

締切:2020/10/28

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,