ニチジョー

THE HEART BEAT TIMES vol.45(2020/7/1)

2020年7月6日


緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻りつつあった6月、
HBPメンバーも一部出張が解禁されたり、休日に出かけたりと、生活に変化があったようです。

さて、毎月のベストショット1枚(ハートビートな1枚)にその時の気持ちを添えてお届けするTHE HEART BEAT TIMES、vol.45は2020年6月の振り返りです。

きむら よしと


6月は、世の中に乗り遅れのおうち時間でした。
家で授業を受ける子どもたちと物理的にも通信も交錯。1年生の音楽の授業は歌声も響く。
時間と材料費をいつもより少しだけかけて食事。なぜか進むお酒。
一日はあっという間ですね。

やまだ ゆり


例年通りまちなかで咲く紫陽花に、今年はなぜだかホッとしました。
少し足を延ばして京都まで。旧三井家下鴨別邸の紫陽花も美しかったです。

きくはら けいじ


久しぶりの京都。リニューアルオープンした京セラ美術館に行ってきました。
よかった!エントランスから展示空間、展示内容(杉本博司)まで全部よくて、久々の京都を満喫できました。やっぱり京都好きだなぁと。

きしもと しおり


オープン初日のSENNAN LONG PARKへ。
アスレチックエリアのHEARTTHROBで遊んできました。
久しぶりに外で思いっきり身体を動かして気持ち良かった反面、自粛期間で鈍った身体にはきつかった!
2日間筋肉痛をひきずりました。

そのだ さとし


今月からは出張も順次再開。
写真は豊田出張の合間に寄った大須のお気に入りのお店。開け放たれたファサードに外向きのカウンター、お店の前にはテラス席(道路上)があって商店街を多国籍な人が行き交う場所。そんな景色を見つつ、アンデス系の民族楽器屋さんから漏れる笛の音を聴きながら昼ワイン。
このお店はコロナ云々の前からずっとこのスタイル。新しい生活様式とか関係なく、本当に気持ちの良いことや体験を知っていて、それを形にできる人たちは自然とこういう空間を作っている。
こういう店が近所にいくつかあるだけで暮らしの質はグッと上がるし、そんな街に住みたい。

ありが たかなお


父の日に、子どもたちから手作りのビールクッションをもらいました!(フタも取れる!)
これから始まる事業にますます気合いが入るとともに、色々理解して応援してくれる家族に感謝の日でした。

たなか さき


初出張は豊田!とよしばの芝生は思わずヘッドスライディングしたくなるほどの気持ちのいい緑でした。現場は嬉しいです。

いずみ ひであき


早くこれしたい!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: