モノサシ

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.007_山田友梨『隣人としての眼差し』

2020年6月9日


第2子の出産のため、4月末まで育児休業を取っていた。小さな子供がいると、物理的にも気持ち的にも人が集まるような場所(特に夜)には、顔を出しにくいものである。

だから、外出自粛で様々なコンテンツが配信されたり、友人と「どうぶつの森」で通信したり、居酒屋のテイクアウトが始まったりという状況が嬉しくもあった。対面出来ないから、と考え出された工夫や楽しみ方が、元々対面の場に足を運ぶことが難しい私に、優しく働いたのだ。

楽しみがある一方で、我が家は1年前にひとり親になってしまったので、心配は尽きなかった。保育園の登園自粛はかなり悩ましい。保育園に行かないということは、我が家に注がれる社会的な目が一つ消えるということだ。感染を考えれば行くべきではないのは分かっているが、不安な状況のまま子供達と家に閉じこもることも恐ろしかった。

幸い私には復帰する予定の仕事があり、適切(と思われる)情報にアクセスすることが出来、生活に今すぐ困窮するという訳ではない。けれどこのタイミング、外出自粛の中で行き場を無くして、どんどん社会から見えなくなっている人たちが沢山いるだろう。全く他人事だと思えない。

社会は弱いところから、ポロポロと綻んでいくんだな、と思う。直接的に出来ること、仕組みとして出来ること、その大小はあれ、苦しい状況にある人たちへの、隣人としての眼差しは、忘れたくない。

山田友梨

★★★
【ハートビートプランの”ものさし”とは?】
まちや都市、生活や自分自身をめぐって、各自が感じたこと・行ったこと・考えたことを記録し、ハートビートプランの”ものさし”を可視化していくためのリレーコラムです。

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.006_園田聡『誰もが当たり前に持っている感覚を言葉にする』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.005_木村隼斗『みんなで2週間後の姿を創る』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vol.004_菊原啓二『プライベートな場所とパブリックな場所のグラデーション』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.003_有賀敬直『不寛容さを産む免罪符にはしたくない』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vol.002 _岸本しおり『会話があるからこそ、ご飯は美味しい、楽しい』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vol.001 _田中咲『早く現場に行きたい!』

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: , ,