モノサシ

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.006_園田聡『誰もが当たり前に持っている感覚を言葉にする』

2020年6月4日


この2ヶ月、直接会話をしたのは会社の人と奥さんくらい。

この仕事は、現場があって、地元の方と膝を突き合わせて議論して、酒を酌み交わしながら信頼関係を築いて、初めてスタートラインにつけるもの。そうした行為が「不要不急」とされ一切できない状況は、強いストレスを感じる時間でした。

一方で、朝起きて「少し暖かくなったな」と感じたり、夫婦で外ランチをしつつ散歩したり、夕食をちょっと凝って作ってみたり、という毎日も新鮮でした。日々の自由時間が増えたことで、季節の移り変わりや環境のちょっとした変化に敏感になり、その分「気持ちの良い空間」や「足の向く場所」の少なさに愕然としたりもしました。

社会の新しい仕組みや概念を一律に普及するのではなく、こういう誰もが当たり前に持っている感覚を言葉にし、それが当たり前に受け止められて、実際の都市が変わっていく、そんな状況を作るために、これからも仕事をしていこうと思います。

園田聡

★★★
【ハートビートプランの”ものさし”とは?】
まちや都市、生活や自分自身をめぐって、各自が感じたこと・行ったこと・考えたことを記録し、ハートビートプランの”ものさし”を可視化していくためのリレーコラムです。

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.007_山田友梨『隣人としての眼差し』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.005_木村隼斗『みんなで2週間後の姿を創る』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vol.004_菊原啓二『プライベートな場所とパブリックな場所のグラデーション』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vo.003_有賀敬直『不寛容さを産む免罪符にはしたくない』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vol.002 _岸本しおり『会話があるからこそ、ご飯は美味しい、楽しい』

【リレーコラム/ハートビートプランの”ものさし”】vol.001 _田中咲『早く現場に行きたい!』

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)