カガイカツドウ, コウエン

【自主イベント】2/27(木)プレイスメイキングをどう活かす?ーこれからの都市の積み重ね方ー

2020年2月11日


===2/17(月)追記。定員に達したため、申込み締め切りました!===

HBPの自主イベントとして、プレイスメイキングという手法のこれからの都市計画への活かし方を議論する会を開催します!
みなさまのご参加、お待ちしています◎

プレイスメイキングをどう活かす?ーこれからの都市の積み重ね方ー

現在、都市デザインの手法として注目されているプレイスメイキング。
この手法をこれからの日本の都市デザインの現場でどのように活かしていくか、考えを深める会を開催します。

前半に、アメリカでプレイスメイキングの最前線を学んだ田村康一郎さんより、世界の都市デザインにおけるプレイスメイキングの位置づけについて話題提供して頂きます。
その後、後半では、これからの日本の都市デザインの現場でのプレイスメイキングの活かし方、その時に必要な職能について、実務に関わるみなさんと議論を深めて行きます。

【登壇者紹介】
●田村康一郎(QUOLディレクター)
海外都市・交通計画コンサルタントを経て、世界初のプレイスメイキング修士課程をもつニューヨークのPratt Instituteに留学。Project for Public Spacesからもプレイスメイキングの手法と本質を学びつつ、研究・実践に従事。帰国後はプレイスメイキングの日本での展開のため、小規模公園活用の実践や普及啓発を手がける一方、エリアマネジメントのコンサルタントとしても活動。プレイスメイキングXリージョナルメンバー。

【プログラム(予定)】
●19:00 主旨説明 (5分)
●19:05 「世界で拡大するプレイスメイキングとその実践者たち(仮)」田村康一郎氏(45分)
●19:50 後半への論点整理と課題設定 (10分)
●20:00 会場とディスカッション (55分)
●20:55 まとめ (5分)
●21:00 終了

※21:15~ 懇親会(自由参加)
場所、費用は調整中。

【日時】
2020年2月27日(木) 19:00〜21:00

【場所】
アルパック大阪事務所会議室
(大阪市中央区今橋3丁目1番7号日本生命今橋ビル10階)
※18時以降は正面玄関は閉まっていますので、北側の通用口(適塾側)からお入りください。

【費用】
1,000円

【定員】
25名

【申し込み先】
https://forms.gle/WL9PP79QhR2KLJnY9

【主催】
有限会社ハートビートプラン

【共催】
株式会社地域計画建築研究所(アルパック)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: