ニチジョー

THE HEART BEAT TIMES vol.40(2020/2/1)

2020年2月2日


令和2年の最初の1ヶ月もあっという間に過ぎていきました。
“年度末までに!”という言葉がよく出てくる時期になり、少し焦りも感じていますが、一つ一つ丁寧に取り組んでいかないといけないな、と思う日々です。

さて、毎月のベストショット1枚(ハートビートな1枚)にその時の気持ちを添えてお届けするTHE HEART BEAT TIMES、vol.40は2020年1月の振り返りです。

うえだ はるか

THEATER E9 KYOTOという小劇場へ、田中泯さんのオドリを観に行ってきました。京都は昔から堅い椅子に座布団で観るような小劇場がたくさんあって、高校演劇をやっていた頃によく通っていましたが、そんな劇場たちもオーナーの高齢化でどんどんなくなっているそうです。
こちらは100%民間の劇場で、しかも二階にはコワーキングスペースが。
やもすれば舞台芸術と一番遠い存在かもしれない二階のワーカーに、舞台というものに触れてもらうべく、様々な企画が用意されていました。そんな素晴らしいオーナーさんのお話しも伺えて、舞台熱が蘇った1日でした。

THEATER E9 KYOTO

そのだ さとし

知り合いのご縁で初めて訪れた高砂市。
面白いスポットやポテンシャルの塊のようなスポットがあちこちあって、地元の方にも素敵な方が多くて可能性をとても感じる街でした。
今回は業務でもなく、でも遊びでもなく、プライベート視察のような建てつけで東京、小浜、姫路、加古川、大阪からの仲間が平日の昼間に高砂に集まるという機会。
大人になって、こういうつながりの中で自由に時間を組み立てられるようになってきて、人生楽しくなってきたなーとあらためて感じる機会でした。

いずみ ひであき

伝説のBAR、SUNSET2117が元の位置から少し上流のTUGBOAT大正内に移転!
勇祐さんが亡くなってからも営業が継続されて、このBARをどう後世に引き継げるか?!がこのプロジェクトのミッションだったことを考えると感慨深く嬉しいなあ。

TUGBOAT TAISHO

ありが たかなお

今お手伝いをしている久御山町で公園の再整備を考える社会実験がスタート。
止まっていた噴水をデッキに変えて滞留と回遊ができる空間に改造。
2月も3日間実施予定なので、多様な将来イメージを作れるようにチャレンジしていきます。

きくはら けいじ

広島の駅西が熱いと聞いて実家に帰省したタイミングで行ってみました。
昔のイメージとは全く異なり、いろんな飲食店が軒を連ね若者たちが狭い店内でぎゅうぎゅうになりながらお酒を楽しんでました。
帰省するたびに訪れたくなるスポットができました!

きしもと しおり

2020年のレストラン初めは、琉球フレンチレストランのL’atelierへ。
沖縄らしく、鮮やかな色の食材やお皿で目でも楽しめるお料理でした。
ホテルのレストランが強いイメージの沖縄で、美味しい個店があるのは嬉しい!
今年は沖縄のレストランも開拓してきたいな。

L’atelier

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: