コウエン

【岸本登壇】11/29(金)仕事と遊びを通して空間を場に変える〜宝楽・中脇のコミュニティ界隈楽屋ニュース

2019年11月27日


岸本が、11月29日に堺東で登壇します!

2月に旅するスナックしおりとして呼ばれたのに引き続き、2回目のゲスト参加です。

宝楽・中脇のコミュニティ界隈楽屋ニュース 詳細

毎度お馴染みの楽屋ニュース。

前回のゲストである『マーケットでまちを変える: 人が集まる公共空間のつくり方』(学芸出版)の著書、鈴木美央さんは、マーケットの考察を通し「個の集合体を活かす仕組みの設計」が今、最もホットワードであったようで、参加者各々による街との関わりの経験談を話し合いながら、全員で考察を深めるゼミ形式のようなひとときでした。

さて、その話題でも出ていた公共空間の活用で日本でも多様な立場の方々が協力し生まれた「あそべるとよた」愛知県豊田市の駅前広場の事例や仕組みの数々。
次回のゲスト、岸本しおりさんは、まさにその駅前広場の仕組み構築に関わった方です。

広場を使いこなす市民が、仕事の立場と個人の立場を行き来しながら、市民と公共空間の設計と仕組みと使われ方をデザインしてきたお話を深掘りしていきたいと思います。

■テーマ:仕事と遊びを通して空間を場に変える

■日程:11月29日(金)
■ゲスト:岸本しおり
■聞き手
中脇健児(場とコトLAB)
宝楽陸寛(NPO法人SEIN)
■参加費:1,500円(飲食持ち込み。一品以上のこと)
■スケジュール
19:15 受付
19:30 質問からのフリートーク&歓談
21:00 終了(多分)
■場所:コワーキングスペース L R

★詳細はこちらから
仕事と遊びを通して空間を場に変える〜宝楽・中脇のコミュニティ界隈楽屋ニュース

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,