シゴト

【HBP自主事業】シェアハウスはじめます!

2019年9月24日


はじめに

2016年の秋ごろから、長門湯本温泉観光まちづくり計画の
お手伝いをさせて頂くことになり、湯本のまちを訪れるようになりました。

それから3年弱が経ち、自分たちの家も湯本に借り、
多くの時間をこのまちで過ごし、多くの地域の方々と話をして事業を推進する中で、
より深く・長くこのまちに関わっていきたいと思うようになり、自分たちの事業を
湯本のまちで始めようと考えました。

自分たちのやりたいこととまちに必要とされているものを重ね合わた時に
見えてきたのがこのまちで働く人たちのためシェアハウス。
訪れる人たちの環境が良くなるだけではなく、湯本で働き、暮らす人の日常が
楽しく豊かなものになることがとても大事なことだと思っています。

また別棟ではビールの醸造所兼飲食店も計画しています。
湯本で働く面白い人達が集まって住む住宅と地域の人や観光客が集う社交場。
その二つがつながることで、より豊かな暮らしの場を育んでいきたいと
思っています。

 

シェアハウスは12月オープン予定!

入居者絶賛募集中です!

残り7部屋

 

こんな暮らしをしたい人にオススメです!

・自分で暮らしの場に手を入れたい人
・他人との緩やかな関係性をつくりたい人
・住んでいる街を楽しみたい人

湯本で働く人や同じような年代の人が集まる、
ゆるやかな交流の場がある暮らしをしてみませんか?

 

 

それではさっそく、物件詳細をご紹介します!

 

 

住所:長門湯本温泉街の中心部/長門湯本駅から徒歩10分

部屋数:全7室  入居可能日:12月から(予定)

問い合わせ先:
MAIL:info@hbplan.jp
TEL:06-6358-0795
(有限会社ハートビートプラン 担当:有賀・菊原)

 

ここからはシェアハウスができるまでのご紹介

シェアハウスの建物はかつては吉冨薬局、湯本まちかど資料館としての

歴史や名残が残った趣のある建物です。


この建物に魅力を感じシェアハウスがスタートしました!

建物のオーナーさんとの素敵な出会い。

 

ここから本格的に計画がスタートします。

まずは家財道具や色んな物の整理から!!

ということで、2tトラックを借りて自分たちで整理整理整理!

ある程度片付いてきたら、次は設計の打ち合わせ。

みんなで色んな意見を出し合い、住み心地の良いシェアハウスを考えました。

設計担当は株式会社再生工舎の田尻さん、デザイン担当ははちふくの福永さん。

設計がまとまってきたら次は解体作業です。

これも自分たちでできる部分は頑張って解体しました!

 

解体がある程度終わった段階で 近隣住民の方々を呼んで解体現場の内覧会を行いました。

みんな興味津々。

その後は遂に、着工!

まずは耐震改修からしっかり行います。

今後は、10月〜11月にかけてDIYを行い、 12月から入居開始予定です!!

絶賛入居者募集中! 気になった方は気軽にご連絡ください。

きっと素敵な湯本での暮らしが待っています。

■■■お気軽にご連絡、お待ちしています!■■■

住所:長門湯本温泉街の中心部/長門湯本駅から徒歩10分

部屋数:全7室  入居可能日:12月から(予定)

問い合わせ先:
MAIL:info@hbplan.jp
TEL:06-6358-0795
(有限会社ハートビートプラン 担当:有賀・菊原)

■■■■■■■■■■■■

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,