シゴト

【仕事】9/20(金)豊田市駅東口まちなか広場・とよしばオープン

2019年9月20日


豊田市駅東口まちなか広場(愛称:トヨシバ)が9月20日17時にオープンします。

弊社は2015年度から豊田市の業務に関わっており、この広場は、2015年度にスタートしたあそべるとよたプロジェクト等の社会実験結果を反映し、管理運営方針等を決定しました。

豊田のこれまでの取り組みの結果が詰まった広場です。

■運営開始日時
令和元年9月20日(金曜日)午後5時

■場所
豊田市喜多町2丁目166番地(豊田市駅東口 三菱UFJ銀行跡地)

■開設目的
まちなかのにぎわい創出に向けて、公共空間を活用するプレイヤーを発掘・育成するため

■機能及び事業概要
1.拠点施設
カフェ、サロン等の収益事業(営業時間:午前7時~午後11時)及びアトリエ、ラボ、スタジオ等の公益事業(営業時間:午前8時~午後10時)を実施(月曜定休[祝日は除く])

2.芝生広場
通常は自由使用。イベント等は占用使用することも可能
※芝生広場の芝は、豊田スタジアムのピッチと同じもの

■運営事業者  ※平成31年4月の市民公開プレゼンを経て決定
有限会社ゾープランニング
株式会社こいけやクリエイト

★詳細はこちらから
豊田市駅東口まちなか広場(愛称:トヨシバ)が9月20日(金曜日)にオープンします(豊田市HP)
とよしば WEBサイト

★過去の豊田での取り組みはこちらから
HBPブログ:あそべるとよた

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: