メディア

【園田寄稿】都市の 「余白」 を取り戻すプレイスメイキングの潮流

2019年4月30日


日本都市計画学会関西支部便りVol33(2019/03)の特集『関西都市計画の「平成」を振り返る』に園田が「都市の 「余白」 を取り戻すプレイスメイキングの潮流」を寄稿しました。

記事はこちらからご覧いただけます!
日本都市計画学会関西支部便り(2019/03、Vol33) 特集『関西都市計画の「平成」を振り返る』

日本都市計画学会関西支部便りVol33(2019/03)詳細

特集:『関西都市計画の「平成」を振り返る』

【特集記事】
「関西における平成期の国際輸送インフラ整備と運営」竹林幹雄
「阪神・淡路大震災後の「まちづくり」の展開」石原凌河
「まちづくり三法から立地適正化計画までの中心市街地再生を巡る動向」澤木昌典
「ニュータウンと住宅地開発の状況」角野幸博
「都市公園における官・民・市民協働の進展」赤澤宏樹
「平成時代の自転車交通と都市計画・まちづくり分野との連携の可能性」吉田長裕
「都市の「余白」を取り戻すプレイスメイキングの潮流」園田聡

【連載コラム 都市と私】
「地域生態学への歩み」上甫木昭春
「私の平成時代をふりかえってみた」坂井信行
「生野区桃谷に流れついて...」伊藤千春
「人とつながり、まちを楽しむ」新美真穂

【支部委員会報告】

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年6月15日発売!『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』不自由な公共空間を、誰もが自由に使いこなせる居場所に変えるプレイスメイキングについて書いています◎

『プレイスメイキング: アクティビティ・ファーストの都市デザイン』(著:園田聡)

2019年1月11日発売!『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: