【マチメグリ】ワールドツアー番外編:有賀のワクワクショッピング日記①ベルリン編

2019年3月12日


すごく時間が空いてしまいましたが、今回は昨年5月に行ったドイツ・デンマークの海外研修の番外編として、真面目な研修の合間に訪れた、様々なお店の中から特に印象に残ったお店を紹介したいと思います!
かなり個人的な趣味嗜好が入っているので偏りがありますが、休憩時間や暇つぶしにでもご覧ください。

ワクワクショッピング日記①ベルリン編

第一弾はベルリン編です。
色々美味しいものや素敵なものは沢山ありましたが、その中からいくつかを紹介したいと思います。

1.STUDIO183(https://studio183.co/)

ベルリンのおされエリアであるミッテ区にあるこちらのお店は、ドイツのデザイナーを中心としたアパレルのセレクトショップです。前情報でなんとなくファストファッションかハイブランドのセレクトが多いような印象を持っていましたが、この店は地元デザイナーのブランドを多く取り扱っており、個性的なアイテムも多数ありました。
後ほど紹介するBIKINI BERLINにもお店を出していますが、もちろん洋服だけでなく様々なデザイナーのアクセサリーやアート作品もあり、DJブースもあり、店内を見て回るだけでもとても面白い店でした。
価格帯もそこそこのものから高めのものまで割と幅広かったです。
しかし、全く写真を撮っていないので、詳しくは店のHPをご確認ください。

2.Happies(https://www.facebook.com/haeppies?fref=ts)

パンコー区にあるベジタリアン・ヴィーガン向けの飲食店。
肉まん?蒸しパン?のような生地でできた可愛らしい食事を楽しめるお店。
ベジタリン向け、ヴィーガン向けがあり、中身やソースなどが異なるものが数種類あります。一つ一つに名前がついていて、どれも彩りもカラフルで美味しそう。スイーツ用もありました。

 

お店のある場所はこんな感じの所、歩道にも席が出ていてゆったりとした雰囲気です。店内もこんな感じ。

 

1つから注文出来て付け合わせの野菜とセットで出てきます。
ちなみに僕はスパイシーな「mathias」と味噌味の「sophia」を食べましたが、どちらもとても美味しかったです。

3.Lily Burger(https://www.lilyburger.com/)

パッと見、いかつめのステーキハウスのようなこの店。
実際にかなりボリューミーなハンバーガーやステーキなどがメニューに並んでおり、割と量を食べたい僕でも大満足な量が出てくるハンバーガーとステーキのお店です。
 
ただ、それだけではなく実はほとんどのハンバーガーのメニューがベジタリアン向け、ヴィーガン向けにも用意されており、名前や見た目はほとんど同じなのに、植物性の材料が使われています。
 

ヴィーガン向けのメニューがしっかりしているドイツでも、メニューの中の幾つかがヴィーガン向けになっていたり、ヴィーガン・非ヴィーガンでメニューが分かれていたりするものは多かったですが、ほぼ全メニューがヴィーガンの人でも食べられるようになっているのはストレスフリーでとても良いなと思います。メニューの構成も、名前もほぼ一緒なので間違えそうになりますが。。。(実際に一緒に行ったもう一人はヴィーガン仕様を頼んだつもりでしっかり肉を食べていました。。)
ただ本当にボリューミーなので注文の際はご注意を。

4.BIKINI BERLIN(https://www.bikiniberlin.de/)

===

先ほどのSTUDIO183も入っている2014年にできた商業施設。
構成としては25 hours hotel bikini berlinというホテルと商業施設などからなっています。
 

ドイツでは珍しいらしいですが、ファストファッションやハイブランドのショップは入っておらず、全体的にこだわったブランドやセレクトショップが多く入っていました。
建物自体は1950年代に建てられた「BIKINI HOUSE」という商業ビルで文化財にも指定されています。BIKINIの名称は建物の構造がビキニのようだったことから名づけられたそうです。
1階にはポップアップストアが並んでおり、1年契約のチャレンジショップのようなものだそうですが、こちらも店の作りも可愛く、中に入っているテナントもそれぞれ個性がありました。

特筆すべきは動物園に隣接しており、飲食のフードコートや休憩スペースから動物園が見られること。フードコートでは一部がバルコニーになっていて動物園と一体のように感じられる空間で食事が出来ます。

オープンスペースやそこに置かれた什器などもセンスが良い、可愛いものが多く、その点もとても参考になりました。

 

 

 

ベルリン編は以上になります。
また時間をみてコペンハーゲンやその他の都市のお店も更新していきたいと思います!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
その他のワールドツアーレポートはこちらから ⇓
【泉編】

【マチメグリ】HBPワールドツアー訪問記 -1 フランクフルト&ハンブルグ

【マチメグリ】HBPワールドツアー訪問記 -2 コペンハーゲン

【マチメグリ】HBPワールドツアー訪問記 -3 ベルリン

【マチメグリ】HBPワールドツアー訪問記 -4 ドルトムント・ミュンスター・ルール・ロッテルダム 

【有賀編】

【マチメグリ】ワールドツアーレポート:有賀編『自治のありかたと、その持続可能性について』

【園田編】

【マチメグリ】ワールドツアーレポート:園田編・前篇『都市デザインの力と本質的なガバナンス(前半:Malmö, Sweden)』

★後半については後日更新予定です。お楽しみに!

【岸本編】

【マチメグリ】ワールドツアーレポート:岸本編『都市における食の役割①北欧における食の取組とNomaの体験レポート』

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019年1月11日発売!(現在予約受付中!)『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』水都大阪プロジェクトの事例を通じて、公民連携のあり方について書いています◎

『民間主導・行政支援の公民連携の教科書』(共著:清水義次/岡崎正信/泉英明/馬場正尊)

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)