シゴト, マチメグリ

【仕事・レポート】おとずれリバーフェスタ2018@長門湯本温泉に、家族旅行してきました。

2018年9月25日


弊社が山口県長門市で取り組んでいる「長門湯本みらいプロジェクト」。
数年かけて変わろうとしている長門湯本温泉で、2018年9月15日(金)~17日(月・祝)「ここに遊びにくる人、住む人、働く人が、楽しく豊かな時を過ごせる未来の温泉街」をイメージした社会実験「おとずれリバーフェスタ」が開催されました。
今年で2回目となるこの社会実験に、わたくし山田がただの夏休みの家族旅行として遊びに行ってきましたので
(現場でバリバリ働いていたみなさん、お疲れ様でした!)ちょっとしたレポートをお届けします。
家族連れにも優しく楽しく、温泉にも入れる、そんな盛り沢山な1日となりました。

目に飛び込んでくる川床とハンモック

大阪から車で約6時間。山深い道を超えた所に長門湯本温泉があります。
大きな観光旅館が並び、いかにも温泉地!という雰囲気です。
到着したのが最終日9月17日の15時頃。もしかしたらほとんどイベントが終わっているかも…などと思っていましたが、そんな心配は無用でした。

イベントの駐車スペースとなっている大寧寺(このお寺も名刹と謳われている)から、
会場の音信川(おとずれがわ)に向かって歩いて行くと、出店者の方々のおしゃれな屋台が見えてきます。
そして、目に飛び込んでくるのは川床とそのそばに置かれたハンモック。
川のせせらぎの元、みんな気持ちよさそうに寛いでいます。
山田家も早速地ビールと、ブルーベリーの爽やかなかき氷で川床にお邪魔しました。
 

足湯にも沢山の人が集まり、川では子供たちが大はしゃぎ!

ちなみにこの川は「音信川」とかいて「おとずれがわ」と読みます。
何だかロマンを感じる名前です。

食べ歩き、飲み歩き、ワークシップ、盛り沢山なプログラム

今回のおとずれリバーフェスタには、飲食、ワークショップ、物販など50店以上が出店しています。
子どもから大人まで楽しめる内容が盛りだくさん。山田家も短い時間ながら目いっぱい楽しみました!

息子とすだれに絵を描くワークショップを体験。

道路に置かれた卓球台。白熱!!道路空間には様々な寛ぎや目を楽しませる工夫が準備されています。
 

橋の上でもうもうと煙を出して焼かれる焼鳥。飲食スペースも凝ってます。
 
橋の下もおしゃれだ!あっちの橋の下には…バー??

プロジェクトについて紹介するブースでは、将来のまち姿を模型で展示。

200円の公衆浴場でひとっ風呂

長門湯本温泉には温泉旅館が多く立ち並んでいますが、2ヵ所の外湯「恩湯」と「礼湯」があります。
「恩湯」は現在改装中で、平成31年に再オープン予定。「礼湯」は開店中でしたので、息子と一緒に入浴してきました。
料金は200円と公衆浴場ならではのお手頃価格です。
地元の方が話しかけて下さり、持っていなかった石鹸を貸して下さったりと、のんびり入浴することが出来ました。

温泉街の夜の表情、美しい夜間景観

日中のカラフルなおとずれリバーフェスタももちろん素敵でしたが、日が暮れてからもまた味わい深い。
川沿いが美しくライトアップされ、昼とは違った顔を見せてくれます。

夕方には泉とおきなまさひとさんによるトークイベント、「ながトーク」が開催されていました。
会場は夕暮れ時の川床。解放感のある雰囲気で、トークを聞く人との距離も近く感じます。
話すうちに暗くなり、川床を照らすブルーのライトに彩られる泉。

 

 

せせらぎと共に食を楽しむ、橋の上レストラン

夕飯は「橋の上レストラン」にて串カツを頂きました。
音信川にかかる”せせらぎ橋”に3日限りのレストランが出現しています。
私が参加した17日は、地元の串カツやさん「えみもり」さんが出店。

屋外の気持ちの良い風を感じながら、アツアツ揚げたての串カツをいただきました。


橋の上では川の流れる音と虫の声が聞こえ、目線をあげると優しく光る川沿いの風景。美しい…!

橋の上レストランでの食事を終えたところ、3日間社会実験を終えた関係者の皆さんが打ち上げをしていました。
やり切った皆さんの清々しい顔!お疲れ様でした!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

長門湯本での滞在時間は多くありませんでしたが、様々なプログラムや空間づくりのクオリティにはとても驚き、
これからこのまちを良くしていくぞ、何より自分達も楽しんでやっていくぞ、という関わる人達のエネルギーとこだわりを感じることが出来ました。

来年度中には、現在改装中の外湯「恩湯」のオープン、星野リゾート「界」のオープンが続きます。
ハード面での大きな変化と、まちの人たちの気合とこだわりが生み出している”うねり”が、どのような形になっていくのか、これからの長門湯本もとても楽しみです!!

(山田・記)

■当日の詳しい様子は「長門湯本みらいプロジェクト」のページでも更新されています。

https://yumoto-mirai.jp/category/report/

■「長門湯本みらいプロジェクト」とは?
https://yumoto-mirai.jp/about/

■webマガジン「コロカル」にて連載中の【山口県長門市×星野リゾートで挑む〈長門湯本温泉〉再生プロジェクト】

【メディア】colocal連載 山口県長門市×星野リゾートで挑む〈長門湯本温泉〉再生プロジェクトvol.004

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,