ニチジョー

THE HEART BEAT TIMESvol.22(2018/8/1)

2018年7月31日


記録的な猛暑や大雨が続いた7月、
ハートビートプランも熱く7月を駆け抜けました!!

7/25(水)は毎年恒例、天神祭。
大阪が一番賑やかになるこの1日、今年も事務所に沢山の方々が遊びに来て下さいました。
 

7/27(金)、7/28(土)は、4月~5月にかけて廻ったドイツ~デンマークの視察報告会を開催しました。
(★ツアーについてのブログ記事はこちらです⇒http://hbplan.jp/blog/?p=6511
それぞれのまちで得た知見を、「食」「自治」「都市デザイン」といった各自の視点で発表しました。
ハートビートプランにとっても初めての試みであり、
27日は大阪編@中之島公園、28日は東京編@sodaccoSTUDIOと、2ヵ所での開催となりましたが、
こちらも沢山の方にご来場いただきました。
報告会についてはまた別途レポートを掲載します!

 

 

さて、HBPイベント以外にも、メンバーはそれぞれ様々な日々を過ごしていたようです。
毎月のベストショット1枚(ハートビートな1枚)にその時の気持ちを添えてお届けするTHE HEART BEAT TIMES、
vol.22は2018年7月の振り返りです。

ありが たかなお


岡崎にて今年も殿橋テラスがオープン。相変わらず夕日が美しくとっても気持ちが良い空間!
今年は11月末までやっており、常設化への協議も一歩ずつ進んでいるようです。

きしもと しおり


世界で評価されている大阪のレストラン・HAJIMEでお食事をしました。
(料理の写真はNGなのでメーニュの写真を。)
テーマは「地球との対話」。
まるでアート作品のように綺麗に盛り付けられたお料理たち。
私達も料理と一体となって、
米田シェフが描く世界に少しお邪魔させて頂いたような、不思議な感覚を味わいました。

そのだ さとし


笹尾さんにお声がけいただき、世田谷の羽根木プレーパークにいってきました。
豊田PJなどを含め、最近個人的に「稼がなくても自立的に自由に使えるパブリック・スペース」というあり方を考えているのですが、ここではその素晴らしい世界観が実現されていました。世話人、自己責任ではない、見守りと自由、お客様を作らない、などなど多くの大切な考え方を学びました。 こんな素晴らしい環境が40年前からつくられ、維持されていることに驚くとともに、最近の公民連携やエリマネなどのキーワードを使わずとも同じような理念の取り組みが古くから実現されているということは結構たくさんあるよなと感じました。海外の最新の動きを追うことも重要ではありますが、まずは日本の先人たちから学ぶべきことをきちんと学ぶことはやはり大切だし必要だと思いました。

やまだ ゆり

台風が接近する中、難波宮公園での青空カラオケ大会に参加してきました。
子どもの頃、天王寺公園の青空カラオケを見ながら、なんでこんなところで…と思っていましたが、
だだっ広い公園で、マイクを持って歌っていると、ただただ気持ちが良い!!
まずは小さく屋外空間を楽しむ、そんな実践の場が多くあればよいなと思いました。

いずみ ひであき


コペンハーゲンで一緒に遊んでくれた加藤さんが彼女と一緒に大阪に来てくれたので、クルーズで大阪をご案内。途中で中之島漁港に寄って、さばきたてのサバを船上で食べるのは初めて!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: