マチメグリ

【マチメグリ】東京横浜事務所訪問記

2017年12月25日


今年も残すところ、あと数日。
お仕事でお世話になっていたり、繋がりのある東京横浜のみなさまに年末のご挨拶を兼ねて、事務所訪問してきました!
そのレポートを岸本がお届けします。

(株)オンデザインパートナーズ

今年新しく事務所を移転したオンデザインパートナーズさん。
入り口付近にはPJの模型がたくさん飾ってあり、さすがは建築事務所の格好良さ!
窓も大きく、植物もたくさんあるとてもお洒落な事務所でした。

▲入り口にある看板のネオンがカッコいい!

事務所を見学させていただいたあとは、ランチを食べながら、最近関わってるPJについて情報交換をしました。
途中から、豊田で一緒にお仕事をしている熊谷玄さんも合流してくださいました♩

事務所訪問のあとは、オンデザインパートナーズさんが手がけた、泰生ポーチとTHE BAYSを案内していただきました。

泰生ポーチは、リノベーションするときに部屋の大きさを小さくし、関内エリアに少ない6万円以下の物件としてクリエイター向けに貸し出しています。
管理会社に委託せず、共有部を入居者同士で管理し、トイレ掃除などの共有部の掃除は順番でやっているそうです。
毎月入居者会議をしてるため、入居者同士の横のつながりもできています。
また、同じオーナーさんが所有する他の物件をリノベーションをしたら、泰生ポーチの入居者で事業がうまくいき、大きい事務所を探してた方から申し込みがあり、入居募集前から多くの部屋が埋まったそうです。
同じオーナーさんのビルで街の中の面白い循環ができているな、と感じました。

写真は1Fのシェアカフェ&イベントスペース。

 

 

THE BAYSは、横浜スタジアムのすぐ近くに位置しており、横浜DeNAベイスターズが横浜公園、横浜スタジアムを起点に進めていた「コミュニティパーク」化構想を街に展開した「横浜スポーツタウン構想」の拠点施設です。
元々は旧関東財務局横浜財務事務所という古くからある建築で、そこを耐震などのリノベーションを行い活用されています。

一階には、野球にちなんだ飲食店「&9」とライフスタイルショップ「+B」が入っています。
「+B」は野球ファンが普段着でも着ることのできるものを展開しており、とてもおしゃれな洋服・小物がたくさんありました!
また、二階にはスポーツ×クリエイティブをテーマに新たな産業を創出していくプラットフォームとして「CREATIVE SPORTS LAB」があり、シェアオフィスとして活用されています。
スノーピークさんのアウトドアグッズもオフィス家具として使われており、とてもアイディアがどんどん出てきそうな雰囲気でした。

 
地下にはフィットネススタジオがあり、通勤前・仕事終わりのかたがヨガを楽しんだり、横浜DeNAベイスターズのキッズチアチームが練習に使ったりしているそうです。
横浜スタジアム、THE BAYSを拠点として、野球を中心とした新たな街のあり方を感じ、ワクワクしました!

★ondesgin partners
http://www.ondesign.co.jp/
★泰生ポーチ
http://taisei-po-chi.yokohama/
★THE BAYS
http://www.baystars.co.jp/thebays/
★COMMUNITY BALLPARK PROJECT
http://www.baystars.co.jp/cbp/

good mornings(株)

good morningsさんがプロデュースし、本社も移転した「Hama House (ハマハウス)」を訪問しました!
Hama Houseは日本橋浜町に「街のリビング」をコンセプトにした複合ビルで、この街の新旧住民や働く人、街を訪れる人たちが集う場所となることを目指してつくられました。

一階部分には、Books&Cafe。
good morningsの代表の水代さんがセレクトした本が販売されています。
新しいマンションにファミリー層が多いため、絵本がよく売れるそう。
読んでみたい本がたくさん並んでいました!

屋上には人工芝が敷かれた開放的な空間がありました。
寒さにも負けず、この時間の屋上好きなんですよねー!と作業されている方がいて、ほっこりしました。
屋上作業空間、HBP事務所でも取り入れたい、、、、!

夜は、ondesgin partners×good mornings×HBPの忘年会として、Hama Houseの二階で美味しいご飯とお酒をいただきました。
ondesginさん、good morningsさんとは、昨年、水都大阪視察として弊社を訪れていただいたことが交流のきっかけです。
とても盛り上がった忘年会で、昨年からのご縁がずっと続いてることの嬉しさを再び実感しました!

★goodmornings
http://goodmornings.co.jp/
★Hama House
http://hamacho.jp/hamahouse/

(株)スピーク

有賀が前職で繋がりがあり、そこからご縁があるスピークさん。
事務所訪問とSPEACさんが手がけるtool boxにお邪魔しました。

 

tool boxは、ドアノブやスイッチなどの建築資材を一般向けに販売しているショップです。
今まで、業者向けにしか販売されていなかったものを一般の方向けに販売することで、自分で自分の好みの空間をつくる手助けをしています。

ショップに床材や電球、スイッチなど様々なパーツが販売しており、これを自分の家につけたらかっこよくなるだろうな〜とワクワクした妄想が広がるお店でした!
大阪にもぜひ販売店欲しいな〜。(WEBショップからは全国で購入できます。)

★SPEAC
http://www.speac.co.jp/
★tool box
https://www.r-toolbox.jp/

(株)スタジオ ゲンクマガイ

豊田で一緒にお仕事している(株)スタジオ ゲンクマガイが手がけた左近山団地と運営に関わるみなまきラボを案内していただきました。

左近山団地は1967年に建設された団地で、約4800戸の巨大団地です。

建物の老朽化と高齢化が課題としてあげられる中、その現状を打破するために団地と団地の間にある公共的空間をリノベーションすることで団地の活性化を目指すプロジェクトです。
コンペの二次審査には住民200人も参加・投票を行い、修繕費も管理組合が負担している全国的にも珍しく管理組会が主体となって推進されています。

昼過ぎに訪れましたが、ちょうど学校が冬休みに入った時期ということもあり、多くの子供達が広場で遊んでいました。
団地に住んでいる子どもたちにもとても人気の場所だそうです。

また、この場所をどのように使っていくかも考え、設計段階から住民とのワークショップを重ね、「広場でやりたいこと」を考えながらつくられてきました。
完成後の現在は、ピザ釜を活用したピザ部やダンス部など住民を中心とした部活動が複数あり、それぞれが広場を活用しています。

建物以外の場所を使い、住民同士の繋がりも生み出している広場。
自分が住んでいる所にこのような場所があったら、暮らしが+αで楽しくなるな!と感じる空間でした。

 

次は、みなまきラボへ。
みなまきラボは、相鉄いずみ野線沿線のまちづくりを考えていくための拠点として整備され、地域の住民が交流されるイベントや街の魅力を発掘するWSなどが行われています。
スタジオゲンクマガイさんは、その運営チームの1つとして企画に関わっています。
(運営事務局はオンデザインパートナーズさんが行っています。)
みなまきラボにある机は、南万騎が原駅の開業から地域の成長を見守ってきた駅前の楠やけやきの木々でつくられており、木の香りがする暖かい空間でした。

また、みなまきラボが立地する南万騎が原駅前の広場も設計しており、その広場にはWSで見つけた南万騎が原のいい所を書いたプレートが埋め込まれています。
このような小さな取り組みの一つ一つが街を自分ごとに変えていくんだな!と感じました!

 

★(株)スタジオ ゲンクマガイ
https://stgk.jp/JP/
★左近山みんなのにわ
https://stgk.jp/JP/projects/sakonyama/
★左近山団地パークプロジェクト
https://www.facebook.com/%E5%B7%A6%E8%BF%91%E5%B1%B1%E5%9B%A3%E5%9C%B0%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88-1618225691823043/
★みなまきラボ
http://minamakilab.yokohama/

(株)エイバンバ

今年、事務所を移転した(株)エイバンバさんにもお邪魔しました。


中華街の近くにあるレトロビルをリノベーションした一室です。
こだわってつくられた棚などがありとてもおしゃれな空間でした!

★abanba
http://abanba.net/

そのあとは中華街へ移動して、豊田チーム(スタジオ ゲンクマガイ、エイバンバ、日建設計シビル、水辺総研、HBP)の大忘年会。
楽しい話に花が咲きました!

そして、夜もふけていき、野毛のディープスポットである都橋商店街も案内していただきました。
野毛都橋商店街ビルは、東京五輪開催にあたり、闇市をビルに集めるために1964年に建てられました。
ビルは大岡川沿いの県の河川用地に立っており、通常は公的に使用することが条件になっていますが、建物の歴史的経緯や公益社団法人「横浜歴史資産調査会」が管理しているということで、引き続き許可されているそうです。
長年この場所でお店をしているママがいるスナックを堪能し、大満足な野毛の夜でした。

 

番外編:東京町歩き(中目黒〜渋谷〜代官山)

有賀が学生の頃研究をし、そして遊んでもいた街を一日かけて案内してもらい、有賀の行きつけのお店や思い出の土地をめぐりました。

有賀のまちあるき力の原点を感じました。

   

====
いつもお世話になっているみなさまの格好いい事務所の訪問と様々な情報交換ができ大満足な東京・横浜訪問でした。
来年もみなさまよろしくお願いします!

(しおり)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,