コウエン, ソノホカ

【泉 ゲスト審査員】ソトノバ・アワード2017

2017年10月11日


日本初のソト(屋外)空間全般を対象とした表彰プロジェクト『ソトノバ・アワード2017』に、
泉がゲスト審査員として参加します!
2017年10月14日(土)には「ソトノバ・アワード公開二次審査会&ソトノバ・アワードトーク!」も実施されます。
みなさま、ふるってご参加下さい。

ソトノバ・アワード 概要

ソトノバ・アワードとは、日本初のソト(屋外)空間全般を対象とした表彰プロジェクトです。
日本のソトやパブリックスペースを豊かに楽しく活用するケースが増えている中で、議論に値するもの、
一定の成果を挙げたもの、これからの展開が期待されるものなどの事例を表彰するために、ソトノバが創設しました。
2017 年に、第1回として実施いたします。

※アワードの募集は8月に終了しています。
■審査員:
審査員は、ソトノバメンバーのほか、ゲスト審査員2名、戦略的パブリックスペース活用学若手奨励特別研究委員会から3名を加え、計17名で審査いたします。

□審査員長:
泉山塁威(ソトノバ編集長/東京大学助教)

□ゲスト審査員:
泉英明(ハートビートプラン)/中島直人(東京大学准教授)

□ソトノバ審査員:
荒井 詩穂那(ソトノバ副編集長/首都圏総合計画研究所)
三谷  繭子(ソトノバ副編集長/Groove Designs)
樋口トモユキ ( ソトノバ副編集長/ローカルメディア)
石田  祐也(ソトノバ・ラボ/ヌーブ)
小切山 孝治(ソトノバ・ラボ/南條設計室)
小澤  亮太(ソトノバ・ラボ/フィールドフォーデザインオフィス)
熊澤  綾乃(ソトノバ学生ライター/早稲田大学大学院)
今野  聖平(ソトノバ・ラボ/タカハ都市科学研究所)
佐藤  春樹(ソトノバ・ラボ/横河建築設計事務所)
三浦  詩乃(ソトノバライター/横浜国立大学 助教)
山崎  嵩拓(ソトノバ・ラボ/東京大学特別研究員)

□日本建築学会 戦略的パブリックスペース活用学若手奨励特別研究員会(選抜):
小林  遼平(つくば市役所
宋   俊煥(山口大学大学院創成科学研究科・助教 )
林   匡宏(株式会社北海道日建設計
※戦略的パブリックスペース活用学若手奨励特別研究員会は、ソトノバ・アワードに協力しています。

 

■応募資格:

・利用者、およびプロジェクトの関係者 ( 所有者、運営者、設計者等)
※自薦他薦は問いません。ただし、他薦の場合は関係者との了解・調整の上、ご応募ください。

■審査対象:

・審査対象は、屋外空間(ソト)であり、パブリックスペースです。
・ソトノバが捉えるパブリックスペースは、公民の敷地を問わず、ソト(屋外)の空間を対象としています。人々の居場所となり、アクティビティの生まれる、誰もが使える自由空間としてのパブリックスペースです。
・法的位置づけや空間区分、公民の所有は問いません。
・原則、現在もアクティビティのあるものとしますが、利活用実験など一時的なものは応募締切から過去2年間まで
の実施されたものといたします。

 

■アワード部門:5つのアワード部門と身近な取り組みも募集!

今回募集するソトノバアワードでは、以下の部門に分けて募集いたします。
各部門の優秀賞*に対する横断的評価の上、最優秀者が大賞として選出されます。
*応募状況によって、該当なしの部門がでる可能性もあります

A.アクション|社会実験・利活用: 地域のパブリックスペースの使いこなし、その仕掛けづくり
B.リサーチ|学術研究・調査手法: パブリックスペースに関する論文や書籍、研究全般
C.デザイン&ツール|空間・家具・プロダクト設計: 実現した空間、家具、プロダクトのデザイン
D.プロジェクトデザイン|プロセス・仕組み: プロセスデザイン、ビジョン、仕組みなど
E.メディア|普及啓発・情報媒体: パブリックスペースに関する情報発信・使い方ガイドなど
W.わたしのソトノバ: 部門1~5 以外のパブリックスペースに関する取り組み、(個人的にソトを楽しむ活動含む)

■審査の視点:5つのソトノバ的審査視点により評価!

ソトノバ・アワードでは、ソトノバのコンセプトである「ソトを居場所に、イイバショに!」を実現する屋外空間を
対象に審査を行います。

・ユーザーやアクティビストが「その空間を居場所だと感じるか、心地よいか」という主体的な評価
・「 その空間を使っている人や状態を見て共感・評価できるか」という客体的な評価
両者の評価に対して、つぎの5つの審査視点から公正に審査します。

〈5つの審査視点〉

1.共感|Sympathy 「いいね、必要だね」と誰もが共感できること
2.独自性|Originality 地域らしい、もしくは日本らしい場やコンテンツを備えていること
3.デザイン性|Design 空間およびプロジェクト全体のデザインが丁寧になされていること
4.アクティビティ|Activity さまざまなユーザーに開かれ、豊かな活動が醸成されていること
5.持続性|Sustainability 将来的にも持続可能な仕組みや運営づくりがなされていること

□詳細はソトノバHPにてご確認下さい。

ソトノバ・アワード公開二次審査会&ソトノバ・アワードトーク 概要

■ソトノバ・アワードトーク!「これからのソトとパブリックスペースを考える」

■日時: 2017年10月14日(土)17:30−20:00
■会場: ダイアゴナルラン https://diagonal-run.jp
(東京都中央区八重洲2丁目8-7 福岡ビル4F)
■ゲストプレゼン:
泉英明氏(ハートビートプラン)
中島直人氏(東京大学准教授)

□詳細はこちらにてご確認下さい。
http://sotonoba.place/sotonobatable22

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: