コウエン

【泉登壇】国土交通大学校「専門課程 都市行政『都市経営と官民連携型のまちづくり』」

2017年10月10日


昨年度に引き続き、国土交通大学校内「専門課程 都市行政『都市経営と官民連携型のまちづくり』」の1科目を泉が担当します。
テーマは「新たなまちづくりプロセスの実践」です。

詳細

■目的
都市のリノベーション、エリアマネジメントなど、官民の空間の活用を図りながら都市の魅力を増進するまちづくりについて、
戦略的な都市経営と官民連携に関する基本的知識、ビジョンの涵養及び最新動向に関する知見の修得を図る。

①育てるまちづくりへ、人口減少時代に対応して官民連携で効率的・効果的
に都市機能を高めるための都市政策及び都市経営のあり方に関する知識の修得

② 各地域の特性を活かした民主導のエリア単位の活性化方策について、具体
都市の事例も含めた知見の修得

③ 課題研究として具体地区における課題と解決方法(民主導のストック活用
に向けた構想等)について班別討議を実施

■研修内容
1.講義(37.5)
都市経営と官民連携型のまちづくりについて
①人口減少時代における都市行政の概論(社会的背景と担い手のあり方、都市計画・まちづくり、シティプロモーション等)
②都市再生と経営についての実践論(民間の先導的な実践者等によるリノベーションまちづくり・エリアマネジメントの取組、デザインやブランディングの手法等)
③地方自治体における先進的な連携事例の紹介等

2.課題研究(23.0)
(昨年度:「流山市官民連携まちづくり構想」と施策の提案)

3.その他(5.5)(入校式、修了式、オリエンテーション、ガイダンス)

■課題研究
平成28年度は、千葉県流山市の江戸川台駅周辺地区を課題地として、都市再
構築の時代における既存ストックを活用した戦略的な都市経営と官民連携型の
まちづくりとして行うべき市の施策と「流山市官民連携まちづくり構想」を提
案し、今後必要な施策や官民それぞれが担うべき役割について、検討、討議、
発表を実施した。

■対象者
国土交通省、他省庁、都道府県、政令指定都市、特別区、市町村、独立行政法人等又は団体の職員で、
① 係長又はこれと同等の職にある者
② ①の者と同程度の能力を有すると認められる者

■研修期間
平成29年11月 6日(月)~ 平成29年11月17日(金)
※泉登壇:平成29年11月8日(水)10:20~(1時間30分)
 テーマ:「新たなまちづくりプロセスの実践」

国土交通大学校HP

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: