コウエン

【園田登壇】10/10(金) RePUBLIC CARAVAN vol.9 〜プレイスメイキングの現在地〜

2017年10月2日


公共R不動産主催のトークセッション“RePUBLIC CARAVAN”に園田が登壇します!
テーマは「プレイスメイキングの現在地」。
皆さまふるってご参加下さい!

詳細

公共R不動産が、都内の公共空間をキャラバンしながら展開するトークセッション“RePUBLIC CARAVAN”、第9回は「プレイスメイキングの現在地」です。
公共空間にもっと「にぎわい」や「憩い」を。
なんとなく社会的にコンセンサスを得ているような、公共空間が提供すべきこれらの価値ですが、
いざそれを定量化しようとすると「歩行者数」や「利用者数」をカウントする以外に、わたしたちはその測定の仕方も持ち合わせていないというのが現状ではないでしょうか。
それは、とりもなおさず、私たちの公共空間を捉えるボキャブラリーの貧弱さを表しているのかもしれません。
プレイスメイキングは、アメリカで始まった「居場所づくり」の手法のひとつ。
NYブロードウェイの歩行空間化で取り入れられたことをきっかけに、日本でも広く知られるようになりました。
場づくりといっても、設計や空間デザインといったハードの計画やワークショップやイベントなどのコンテンツのつくり方だけでなく、
多角的に空間を捉え、そこで行われた人々のアクティビティを評価・分析する評価軸のツールまで体系的に整備されているようです。
日本語では「場づくり」と訳されることの多いこの概念について、もっと学びたいと思い、今回のRePUBLIC CARAVANでは、
数少ないプレイスメイキングの専門家、ハートビートプランの園田聡さんをお招きし、お話を伺います。
園田さんは研究だけでなく、実際にプレイスメイキングを実践しており、その現場のお話や、この夏に視察してきたニューヨークやデトロイトのお話なども交えてお聞きできそうです。
RePUBLIC CARAVANは公共R不動産スタッフの勉強の場でもあり、広く皆さんと一緒に公共空間について考える場にしたいと考えています。
プレイスメイキングに興味のある方、公共R不動産に興味のある方もぜひぜひいらしてくださいね。

■日時
10月10日(火)19:00~20:30

■場所
BETTARA STAND 日本橋
http://bettara.jp/

■参加費
1,500 円 (ワンドリンク付)
※ peatixによる事前決済となります

■定員
30名

■主催
公共R不動産

■申込みサイト
http://republic09.peatix.com/

■FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/145798999360642/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: