ニチジョー

THE HEART BEAT TIMES vol.9(2017/7/1)

2017年7月1日


6月も終わり、2017年も残り半分です。早いですねー!

6月は園田・有賀がアメリカへ行っていたため、今回のTHE HEART BEAT TIMESはちょっぴりグローバルな内容になっています◎

**********
THE HEART BEAT TIMESでは、仕事・プライベート問わず、HBPメンバーぞれぞれの毎月ベストショット1枚(ハートビートな1枚)にその時の気持ちを添えてお届けします。
今回は、2017年6月の振り返りです。

いずみ ひであき

鶴岡の出羽三山山伏修行に参加。
2日間の短い期間だったけど、大自然の中に身を置いてそこで感じることを後で考える、これはなかなかできない貴重な体験。
丈晴さん佳苗さんTIMらのこれからの世界に向けたビジネス展開が楽しみ。
修行の後の伊藤さんの精進料理は格別でした。

錬成修行道場

そのだ さとし

6月後半に10日程かけてニューヨークとデトロイトの視察に行ってきました。
この一枚はデトロイト中心部の広場。博士論文でも扱ったPPSのプレイスメイキング事例を中心に、市の財政破綻から復活しつつある街の様子を体感してきました。
都市再生の象徴的なシーンをたくさん見られた一方、中心部でもいくつもの高層の廃墟が放置され明確な格差が未だに残っている状況も。
ただ、このタイミングで現地の空気を実際に体感できたことは本当に貴重な経験でした。

PPS Involvement in the Place-Led Regeneration of Detroit

やまだ ゆり

兵庫県西脇市「日本のへそ公園」で行われた友人の結婚式へ!
芝生に空の開けた気持ち良い野外、ビールを飲んでいると学生時代にジャズ研で出会ったという新郎新婦や友人達による生演奏が。
地域の食材を使った料理、公園内の草花や地元の播州織を使ったテーブルコーディネート、ご両家のお母さんがつくるお好み焼きやコロッケも登場!と、こだわりと暖かみが溢れる手づくりの野外ウエディングでした。

日本の“中心”で愛を報告 西脇・へそ公園で披露宴

ありが たかなお

ニューヨークとポートランドに公共空間に関することを中心とした視察に行ってきました。
ヒアリングや視察を通じて法制度や手法、課題などの点において、もちろん日本との違いはあるものの、それ以上に最終的に活用されている風景や運営形態などの質が圧倒的に高いように多くの場所で感じました。
公共空間活用というと行政的な課題が語られがちですが、民間の熱意や行動が何より大事で、まだまだやれることが沢山あると改めて気がつかされました。

 

きしもと しおり

東京都大田区にある「くりらぼ多摩川」で行われている「町工BAR」にあそびに行きました。
くりらぼ多摩川は学生時代に関わっていた「モノづくりおおたPROJEC」の一環として運営がされている工場長屋内にある旧工場・旧事務所部分を改修した拠点で、モノづくりワークショップや体験イベントなどが行われています。
私が卒業するときにちょうどオープンしたくりらぼ多摩川。
当日実施されてたトークイベントには、多くの人が参加しており、人が集まる拠点に進化していてとても嬉しくなりました。

創造製作所くりらぼ多摩川

 あとがき

 
事務所に導入されたホームベーカリー。
だいたい週に1回焼きたてパンでサンドイッチパーティを実施しています。
お昼の楽しみが増えました◎
★THE HEART BEAT TIMESのバックナンバーはこちらから!
THE HEART BEAT TIMES

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: