ニチジョー

THE HEART BEAT TIMES vol.8(2017/6/1)

2017年6月1日


もう夏がやってきた!というような暑さが続いた5月後半を終え、6月になりました。
2017年ももう折り返し地点ですね。

5月は、弊社の創立記念日がある節目の月です。
2017年5月17日に13年目を無事に終え、14年目がスタートしました!
14年目も、心に響き続けるまちづくりを目指し、より一層頑張っていきます。
みなさま、よろしくお願いします◎

▲創立記念日の研修旅行の1枚

13周年の節目となる5月、メンバーそれぞれはどのような1ヶ月を過ごしたのでしょうか。
それでは、THE HEART BEAT TIMESvol.8(2017/6/1)です。
**

THE HEART BEAT TIMESでは、仕事・プライベート問わず、HBPメンバーぞれぞれの毎月ベストショット1枚(ハートビートな1枚)にその時の気持ちを添えてお届けします。
今回は、2017年5月の振り返りです。

いずみ ひであき

引越し予定の自宅のリノベ工事が始まりました!
岩田さん青木さんに設計をお願いして、設計のプロセスや一部DIYも含めて楽しもうと思います。

きしもと しおり

GWは実家のある沖縄へ帰省していました。
写真は、国際通りのすぐ近くの路地裏にある珈琲屋台ひばり屋。
ひばり屋は完全屋外のコーヒー屋さん。
屋根が無いので、みんな日陰を求めて店内を移動し、太陽と共に人の居場所が変わっていきます。
沖縄の青い空、気持ちよい風、濃い緑を感じる素敵な空間です。

珈琲屋台ひばり屋

やまだ ゆり


GWに息子を連れて、ひらかたパークに遊びに行きました。
大阪生まれ大阪育ちの私にとっては、なじみ深い遊園地ですが、訪れたのは15年ぶり。
至る所にベンチや机が置いてあり、混み合う園内でもお客さんたちは思い思いにお弁当を広げてランチを楽しんでいました。
最近はひらぱー兄さんに代表される、アイデアあふれる広報や施策が話題ですが、メリーゴーランドやブランコなどの懐かしのアトラクションも現役。
「THE地元の遊園地」路線をひた走る、ひらパーはやっぱり楽しい!

ひらからパーク

ありが たかなお


帰省したタイミングと運良く日程が合い南池袋公園のnest marcheへ。
マルシェが加わることで、いつもよりもっと居心地の良い空間になっていました。マルシェで販売しているオリジナルトートバックの収益が公園運営に充てられるというのも、市民が当たり前に自分の街の公共空間運営に参加するきっかけとしても素敵な取り組みです。

Minami Ikebukuro park

そのだ さとし

2014年に友人達と立ち上げた小田原市の市民活動団体「小田原Laboratory.」の3年間を振り返る活動報告会を開催。
活動の原点となった市有地でのピクニック企画と、商店街と連携した道路&空き店舗活用の企画を実施しました。
これからも、まずは自分達が楽しみつつ、プレイスメイキングの実践を通して小田原の街に豊かな暮らしの風景をつくっていきたいと思います。

小田原Laboratory.

6月の予定

6月の予定は下記の通りです。 ※6/1時点
■6/11(日)〔泉登壇〕グリーンライン下北沢連続トーク 下北沢のパブリックスペースをどう使う?
■6/15(木)〔園田登壇〕プレイスメイキングセミナー「都市の豊かなシーンのつくり方・はかり方を学ぶ」

あとがき

「焼きたてパンの薫りがする事務所って素敵じゃないですか~!」ということで、事務所に導入されたホームベーカリー!
(事務所をシェアオフィスしていたY3から、卒業記念に頂きました◎)
焼きたてパンは幸せの薫り◎
HBPパンブームの幕開けです。

★THE HEART BEAT TIMESのバックナンバーはこちらから!
THE HEART BEAT TIMES

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: