シゴト

【仕事】あそべるとよたプロジェクト:ペデストリアンデッキ広場運営事業者公募事業

2017年2月1日


愛知県豊田市で取組むあそべるとよたプロジェクト。
2017年度の取組み第一弾として「ペデストリアンデッキ広場運営事業者公募事業」を実施し、その運営事業者を募集します!

2016年も飲食事業と共に様々な表情を見せてくれたペデストリアンデッキ広場。
2017年度は、事業実施期間を10ヶ月に延長し、四季を通してペデストリアンデッキ広場を彩ります。
春からペデストリアンデッキ広場にどのような風景がうまれるか楽しみです◎

d001 d026 0357_original IMG_0686-min
▲写真は2016年度の様子です

ペデストリアンデッキ広場運営事業者公募事業 概要

本事業では、豊田市駅周辺で歩行者通行量が最も多いペデストリアンデッキ広場において、来街者がくつろげるような魅力的な空間づくりとその維持管理、一般使用者との調整などの広場貸し出し業務を行うと共に、広場内での物品販売や飲食等の自主事業による収入や、広場貸し出し業務による収入により、自立した運営体制を構築できる事業者を公募し、採択された事業者によって四季を通じて実施します。

★企画提案書受付期間
2017年2月6日(月)~3月3日(金) ※必着

■事業の目的
本事業は、民間を主体とする広場の活用や将来の整備に向けた実証実験として、以下の項目を検証します。
1.平日の昼間や冬季等の閑散期を含めたにぎわいを生み出す仕組み
2.誰にでも開かれた日常的なくつろぎ空間を創出し、維持管理する仕組み
3.広場を市民や企業(一般使用者)、広場運営事業者にとって、表現・商売などの活動できる魅力的な場 として育む仕組み
4.一般使用者及び広場運営事業者、協議会にとって、より円滑な広場を貸し出す仕組み
5.広場内での自主事業や広場使用料の収入により、自立した広場運営を行う仕組み
6.あそべるとよたプロジェクトの趣旨や公益性を広く伝え、賛同者を増やしていく仕組み

■事業者の役割
事業者の役割は以下の10点です。
1. 閑散期を含めたまちなかのにぎわいづくり
2. 机・椅子、植栽などの設置による広場の空間演出
3. 清掃・植栽の手入れなどの日常管理
4. 多様で魅力的な使い手・企画の誘致
5. 一般使用者の備品・サインなどのクオリティコントロール
6. 広場貸し出し業務・現場対応
7. 物品販売や飲食事業等の実施
8. 自主事業やイベント誘致、協賛などによる財源確保
9. 広場での事業や企画のPR
10.広場のファンづくり

■事業実施期間
2017 年 4 月 21 日(金)~2018 年 2 月 25 日(日)

■主催
あそべるとよた推進協議会

★詳細はこちらをご覧下さい
ペデストリアンデッキ広場運営事業者公募事業 募集要項
あそべるとよたプロジェクト

pede_chirashi-001 pede_chirashi-002

======

★あそべるとよたプロジェクト関連
関連記事はこちらから!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,