カガイカツドウ

【課外活動】日本建築学会 空地デザイン小委員会 第1回研究会  「人口減少時代における空地デザインの展望」

2016年11月24日


12/2(金)に、園田が委員として参加している「日本建築学会 空地デザイン小委員会」が主催する第1回研究会が開催されます。

日本建築学会 空地デザイン小委員会 第1回研究会  「人口減少時代における空地デザインの展望」

■日時:2016年12月2日(金)17:30~20:30

■場所:東京大学本郷キャンパス工学部1号館15番教室

■プログラム:
【趣旨説明】
遠藤 新(工学院大学建築学部まちづくり学科 教授/空地デザイン小委員会主査)
【講演 ①】 「空地を地域の資源にする」
秋田典子(千葉大学大学院園芸学研究科緑地環境学コース 准教授)
【講演 ②】 「空地デザインとしてのタクティカル・アーバニズム」
泉山塁威(明治大学理工学部建築学科 助教/ソトノバ編集長)
【講演 ③】 「都市のレジリエンスを高める文化的空地」
窪田亜矢(東京大学大学院工学系研究科 特任教授/復興デザイン研究体)
【講演 ④】 「獲得される場所を目指す空地デザイン」
長濱伸貴(神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科 准教授/(株)E-DESIGN代表取締役)
【講演 ⑤】 「自然災害と空地アーバニズム」
星野裕司(熊本大学大学院自然科学研究科環境共生工学専攻 准教授)

■主催:(一社)日本建築学会 都市計画委員会 空地デザイン小委員会

■予約方法:受付終了

★詳細はこちらから
https://www.facebook.com/events/1671828673130196/1689492434697153/?notif_t=like¬if_id=1479421441668573

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: