シゴト

【仕事】なんばひろば改造計画プレスリリース!

2016年10月20日


本日、10/20の14:00からの大阪市長会見で、なんば駅周辺道路空間の再編に向けた社会実験『なんばひろば改造計画』が発表されました。

2008年の地元メンバーによる自主検討からスタートし、2011年の地元協議会設立を経て、2015年から地元&経済界&行政による将来像の議論に発展し、その検証のため今年度の社会実験に至りました。

地元の皆さまの強烈なパワーを感じながら、弊社は2011年度から関わらせていただいています。

 

『なんばひろば改造計画』のサイト

http://www.namba-hiroba.jp

『なんばひろば改造計画』のFBページ

www.facebook.com/nambahiroba

大阪市長会見

http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000348372.html

 

--------------------------------------------

 

【なんば駅周辺道路空間の再編に向けた三日間の社会実験「なんばひろば改造計画」を実施します!】
なんば駅前を、待ち合わせや憩いの空間、観光案内など、世界中の人々を惹きつける観光拠点にするべく、人中心の空間に再編する取組みを検討しています。
その一環として、駅前の道路を一方通行化して、仮設の広場を生み出して、実験的に活用します。

■実施日時:
11月11日(金)12:00頃~22:00
11月12日(土) 8:00~22:00
11月13日(日) 8:00~20:00
※なんさん通りの南行き一方通行化は、11月10日(木)17:00~11月14日(月)2:00
※雨天中止の場合あり

■会場:
(1) なんば駅前
(大阪市中央区難波5/髙島屋大阪店となんばマルイの間の空間)
(2) なんさん通り
(3) パークス通り(新川通り)

■実施概要:
なんば駅前に3日間だけ、カフェや催事スペース、観光案内所が登場します!
※プログラム内容は随時発信していきます。お楽しみに!

■検証項目:
以下の4項目を本社会実験では検証し、その内容をふまえて関係者で将来像を共有します。
① 道路空間から人が主役の空間へ
② 地域密着型(体験型)観光案内所
③ 空間再編後の交通影響
④ 空間再編後のマネジメント財源

■主催
なんば駅周辺道路空間再編社会実験実行委員会
(なんば安全安心にぎわいのまちづくり協議会(地元商店街・企業・町会27団体)・大阪市・大阪府・大阪商工会議所)

★社会実験の詳細はこちらから!
http://www.namba-hiroba.jp

 

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,