シゴト

【仕事】毎日広場が使えます!あそべるとよたDAYS2016

2016年10月3日


昨年度より、愛知県豊田市で取組むあそべるとよたプロジェクト

このプロジェクトでは、将来、豊田市駅西口にできるまちなか広場を見据えて、既存のまちなか広場を活用しながら、運営の仕組み、活用の担い手を探っています。

あそべるとよたプロジェクトの2016年度の取組みの1つとして、「あそべるとよたDAYS2016」を実施しています。

この取組みでは、公共空間活用の社会実験として、豊田市駅周辺の9つのまちなか広場を対象に、統一ルール、統一料金、統一窓口で活用を行っています。
昨年度実施したあそべるとよたDAYSは1ヶ月のみの社会実験でしたが、今年度は約5ヶ月間と期間を延ばして実施することにより、広場の活用の日常化にむけ、運営・仕組みに対する課題を探っていっています。

0001

対象まちなか広場は、行政の管理する広場だけでなく、民間の管理する広場もあり、
ルールの異なる官と民の広場の管理者が協力して、一体的に活用できる仕組みを整えていきます。

あそべるとよたDAYS2016のポイントは以下の3点。
①期間中、まちなか広場が毎日使用できるようになります!
②9つのまちなか広場の窓口・手続き・料金が統一されます!
③まちなか広場つかいこなし講座を受講して、各自の責任でまちなか広場を自由に使えます!
13413533_1731883327023586_84454338869925485_n  13442306_1731883330356919_2078043800570853143_n

▲あそべるとよたDAYS2016チラシ

広場の利用予約が開始したのは6月。
チラシを作成し、FB等で拡散もしましたが、すぐには利用者には届かないもの。
そこで、6月・7月を中心に、豊田市で活用する様々な団体に営業活動を実施しました。

その数、100件以上。

img_7468

▲営業で必ず持参していたファイル。昨年度の取り組みの様子などが分かります。

利用料金を支払い、屋外空間(まちなか広場)を活用するという文化が、まだ豊田市内ではないため、営業開始当初は、なかなか予約に結びつかず、不安な想いもしました。

9月頃から営業の成果、広報の成果がでてきており、新規の申込も少しづつ増えてきています。

様々な使い方をみて、運営サイドも「こんな使い方があったんだ!」と発見が多くあります。

img_06291 img_7292

▲プログラム実施の様子

また、利用者との接点として大切にしている場として「まちなか広場つかいこなし講座」があります。
この講座は、毎月実施している広場を利用する方々が必ず受講しなければならない講座で、 講座内では、PJの趣旨、広場使いこなしの心得、広場利用のルールなどを説明しています。

13823638_1097524483620382_787319965_n 14322598_1764767620401823_395850790297617022_n

広場ニストの山下裕子さんによる、毎回の受講者にあわせたライブ感溢れる「まちなか広場使いこなしの心得」では、
「まちなか広場でのアクティビティそのものがまちをうつしだし、まちそのものである」と、まちなか広場がまちにとってどのような場所であるかをお話しています。

私は講座の中では、まちなか広場利用の手引きを元に、まちなか広場つかいこなしのルールを説明しています。

この利用の手引きを作成時には、全国各地の広場の利用規約を読みました。
「広場」といっても、それぞれの土地柄により、まちなか広場に求められているものが違うため、細かな部分でルールの違いがあります。
その1つ1つをどのような意図でつくられたものなのか考えながら、参考にさせて頂きました。
今回の社会実験を通し利用の手引きを活用していく中で、「ルール」は、まちなか広場がどういう場所になって欲しいか、私たち運営者の想いを伝える手紙のようなものだなと感じています。

その場所がどうあって欲しいか、しっかりと考えてルールに落としていく、一番大切なことだなと実感しています。

利用の手引きにはいくつか禁止事項がありますが、その禁止事項も「まちなかの広場がこういう場所になって欲しいから」という想いの元設定しています。

そのため、講座の中でもただルールを説明するのではなく、どうしてこういうルールにしたのか、その想いをきちんと伝えるように心がけています。

今回はまだまだ社会実験段階。

実施をしていきながら、様々な課題に直面しています。

良いことも悪いことも含め、今回の社会実験の結果を元に、豊田にあったオリジナルなまちなか広場ルールができるように今後ブラッシュアップしていく予定です。

「日常的なまちなか広場の活用」とはどういうことなのか日々模索しながら、豊田のまちなか広場を盛り上げていけるように頑張ります!

★あそべるとよたDAYSの詳細はこちらから
あそべるとよたDAYS2016

(しおり)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: , ,