カガイカツドウ

【課外活動】第2回まちなか広場賞 授賞式!

2016年8月2日


昨年に続き第2回となる「まちなか広場賞」は、私がディレクターを務める「一般社団法人国土政策研究会 公共空間の「質」研究部会 公共空間評価指標分科会」が主催する取り組みです。

※第2回まちなか広場賞概要:http://publicplacestudy.org/2016/04/04/machinakahirobaaward2/

 

「まちなか広場賞」は、まちでの多種多様な活動の受け皿、人の居場所の創出、出会いの機会の提供など、暮らしをより豊かにする役割を果たしている萌芽的、発展的、独創的な「まちなか広場」を広く募集し、この賞を通じて「つくる」ことと「つかう」ことを一体的に考えていくプロセスを大事にする意識を醸成し、「まちなか広場」への理解・関心の向上、よりよい空間づくりのための技術の普及、愛着を持たれる広場に育てる運営手法の発展を図ることを目的として実施しています。

 

日頃、「アクティビティ・ファーストの評価指標」の構築を目指して共に研究活動を行っている分科会メンバー(20代~30代を中心とした若手実務者)が審査員となり、研究成果を基にしたアクティビティ重視の審査基準で全国からご応募いただいた広場を評価しています。

Figure1-1

第2回となる今年は全国から9つの広場にご応募いただき、厳正な審査の結果、7つの広場を受賞広場とさせていただきました(大賞1、特別賞4、奨励賞2)。受賞広場は以下の通りです。

 

【大 賞】

もぶるテラス・みんなのひろば(愛媛県松山市)

 

【特別賞】

HELLO GARDEN(千葉県千葉市)

三軒寺前広場(兵庫県伊丹市)

ベルテラスいこま「ベルステージ」(奈良県生駒市)

御茶ノ水ソラシティ ソラシティプラザ(東京都千代田区)

 

【奨励賞】

まちなか防災空地(兵庫県神戸市)

ハピテラス(福井市にぎわい交流施設屋根付き広場)(福井県福井市)

 

規模も取り組みも異なるこれら7つの広場ですが、その優劣を決めるのではなく、その街の規模や性格、広場が生まれた歴史や使われ方といったその街における広場の「価値」を考慮した上で、そこで生まれている利用シーンの豊かさとそれを支えるハード・ソフト・プロセスを加点法で評価していきました。いずれの広場も、その街のQOLを高める存在となっている、もしくはこれからそうなっていくことが期待される広場であると言えます。

 

これら7つの受賞広場を対象に、7月2日(土)に札幌市で開催された「第4回全国まちなか広場研究会」のプログラムの1つとして、第2回まちなか広場賞授賞式を行いました。授賞式では、表彰に引き続き7つの広場全ての応募者・関係者の方から広場のご紹介をいただき、全国から集まった約150名の広場関係者の皆様に広場の取組みと魅力を伝えていただきました。

IMG_5794

主催側としても、日本を代表する著名な広場からこれまで各種メディアでは紹介されてこなかったローカルな広場まで、様々な素晴らしい広場とその関係者の皆様に出会えるこの機会は非常に楽しみな場でもあります。そして、来年の第3回まちなか広場賞の授賞式は大阪開催!ですので、ぜひみなさんの街の素敵な広場をご応募いただき、全国から集まるヒロバニストの方々と大阪の街で語り合いましょう!

 

園田

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: