メディア

【メディア掲載】住宅Vol.65,2016「空き地を地域の資源にする」特集

2016年7月7日


園田が代表を務め、プレイスメイキングの実践に取り組む市民活動団体「小田原Laboratory.」の活動を事例とし、一般社団法人日本住宅協会の機関誌「住宅」5月号に原稿を執筆しました。

「プレイスメイキングによる豊かな暮らしの風景づくり‐小田原市の「芝活」を事例として‐」

図3

 

「小田原Laboratory.」は、小田原市を舞台に、園田の出身校であり現在も客員研究員を務める「工学院大学都市デザイン研究室」、民間の若手実務者が集まる「都市デザイン・マネジメント研究会」、部署を超えた若手が集まる小田原市役所の自主研究グループ「こうめこ」の3者による団体を立ち上げ、2014年度より市民活動として手弁当でスタートし連携の輪を広げているプレイスメイキングの実践です。

記事内では、その実践内容の一端をご紹介しています。

小田原Laboratory. Facebookページ

 図6
■機関紙「住宅」

機関誌「住宅」は、会員の皆様にお送りしている機関誌です。
住宅問題の解決と住生活水準の向上を図ることを目的に、編集アドヴァイザー(学識者)のご協力をいただき、豊かな住宅・まちづくりの形成に向けて、その解決方法を模索しているテーマや地方住宅行政の最新の取り組み等、地域の実情に応じた新しい施策や実例を取り上げています。

 

★機関紙「住宅」の詳細はこちら

http://www.jh-a.or.jp/contents/kikanshi/201605.htm
 
(さとし)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

国内外の水辺の動きや水都大阪の活動がぎゅっとつまった『都市を変える水辺アクション』絶賛発売中!

『都市を変える水辺アクション:実践ガイド』(共著:泉英明/嘉名光市/武田重昭)

タグ: ,